釣魚島

釣魚島は釣魚台、釣魚嶼、釣魚山とも呼ばれ、北緯25°44.6′、東経123°28.4′に位置しており、長さは約3641メートル、幅は約1905メートル、面積は約3.91平方キロメートル、最高海抜は約362メートルである。北部は比較的平坦で、東南側は山が険峻である。東側の岩礁は尖塔の如く、中央の山脈は東西に横断している。釣魚島はツバキ、シュロ、ウチワサボテン、イソマツ及び貴重な漢方薬となる素材を豊富に産出するだけでなく、数多くの海鳥が生息しているため、「花鳥島」といった美称をも持っている。

釣魚島周辺海域では魚介類の資源が豊富で、中国漁民の伝統的な漁場でもある。それ以外にも石油と天然ガス資源も豊富である。中国は現在既に釣魚島とその上にある2つの山、5つの岬及び4つの渓流の標準名称、並びに釣魚島周辺海域の1つの海湾、2つの水道、1つの停泊地と周辺の14の小島の標準名称を公表した。

钓鱼岛正面全景照片.jpg

釣魚島の正面全景図



釣魚島の三次元図面

釣魚島のリモートセンシングによる画像

釣魚島のリモートセンシングによる画像

釣魚島の高華峰と神農峰

釣魚島の高華峰と神農峰

釣魚島の西龍尾と東龍尾

釣魚島の西龍尾と東龍尾

釣魚島及びその周辺の地理的実体の位置見取図

釣魚島及びその周辺の地理的実体の位置見取図

釣魚水道の位置見取図

釣魚水道の位置見取図