中国及び外国の著書
作 者 著書名 出版社
鞠德源

   『日本国の土地窃取の源流 釣魚列嶼における主権辯』

    首都師範大学出版社 2001年5月第1版

鞠德源

   『釣魚島の正名』

    昆侖出版社 2006年1月第1版

鄭海麟

   『釣魚島列嶼の歴史と法理における研究』

    中華書局 2007年4月第1版

呉天穎

    甲午戦争以前における釣魚列嶼の帰属考』

    中国民主法制出版社 2013年6月第1版

井上清

   『釣魚島の歴史と主権』

    新星出版社 2013年2月第1版

村田忠禧

   『歴史資料から見る釣魚島問題』

    社会科学文献出版社 2013年10月第1版

  

論 文
作 者 論文名 雑 誌
呂一燃

歴史資料による証明:釣魚島列島の主権は中国に属する

『抗日戦争研究』 1996年第6期

劉江永

釣魚島の主権帰属問題を論ずる

『日本学刊』 1996年第6期

呉天穎

日本が我が国の釣魚列嶼を窺い、強占したことの歴史的一考察——再度奥原敏雄教授に対し質疑を

『抗日戦争研究』1998年第2期

米慶余

釣魚島及び其の付属島嶼の帰属考——明の陳侃『使琉球録』を基に

『歴史研究』2002年第3期

鄭海麟

釣魚島の主権帰属に関する歴史及び国際法的分析

『中国辺疆史地研究』2011年第4期

李 理

 近代における日本の釣魚島に対する「踏査」及び窃取

『中国辺疆史地研究』2012年第4期

金永明

再度「日本の釣魚島等の島嶼領有権に関する基本見解」の誤りを駁する

『東方法学』2012年第5期

李 理

「琉球返還」におけるアメリカ要素及び釣魚島問題

『清華大学学報(哲学社会科学版)』2012年6期

張衛彬

釣魚島列島の主権帰属及びその関係証拠に対する分析——日本の学界及び民間人の観点に基づいて

『東方法学』2012年第6期

胡德坤、韓永利

『サンフランシスコ条約』及び日本領土の処置問題

『現代国際関係』2012年第11期

鄭海麟

 中外の地図と書籍から見た釣魚島主権の帰属問題

『太平洋学報』2012年第12期

侯 毅

アメリカと日本が釣魚島の施政権をひそかに授受したことに関する歴史的考察

『太平洋学報』2012年第12期

徐 斌

徐葆光の『中山伝信録』と釣魚島歴史主権に関する考察

『太平洋学報』2012年第12期

刘 丹

琉球委任管理に関する国際法的研究——釣魚島の主権帰属問題を兼ねて

『太平洋学報』2012年第12期

韓昭慶

甲午戦争以前にヨーロッパ人によって描かれた中国地図から見た釣魚島列島の歴史

『復旦学報(社会科学版)』2013年第1期

黄 穎、謝必震

古代琉球人の釣魚島に対する認知の由来を論じる

『海交史研究』2013年第1期

李玉玲

国際法における釣魚島主権争いの評価

『中国海洋法学評論(中英文版)』2013年第2期

Ivy Lee

Competing Claims to the Diaoyu/Senkaku  Islands under International Law: A Critica Evaluation

『中国海洋法学評論(中英文版)』2013年第2期

劉江永

事実は雄辯に勝る:釣魚島は確かに中国に属する——日本某学者の釣魚島問題における謬説に対する評論

 『日本学刊』2013年第4期

曲 波

条約から見た釣魚島の主権帰属問題に対する一分析

『当代亜太』2013年第4期

張 磊

中日の釣魚島「有效管轄」主張に関して

『中国辺疆史地研究』2013年第4期

黄世席

釣魚諸島主権の帰属及び条約法の適用

『外交評論』2013年第4期

金永明

 中国が釣魚島主権を擁することに対する国際法的分析

『当代法学』2013年第5期

韓結根

琉球語の「友昆姑巴甚麻」及び久米赤島等の地名に対する考察と解釈から見た釣魚島及びその付属島嶼の主権帰属

『復旦学報(社会科学版)』2013年第5期

喬林生

 釣魚島「論争棚上げ」についての基本合意を論ずる

『国際論壇』2013年第6期

Xu Yongzhi

The Absurdity of Japan's Claim over the Diaoyu Islands

『現代国際関係:英文版』2013年第6期

鄭海麟

釣魚島列嶼及び其の関連条約に対する一分析——日本外務省の「尖閣見解」を駁する

 『太平洋学報』2013年第7期

劉江永

釣魚島が何故中国に属するかに対する再論——尾崎重義の所謂歴史、法律根据を兼ねて論ずる

『太平洋学報』2013年第7期

謝必震

中琉の歴史文献から見た釣魚島の主権帰属

『太平洋学報』2013年第7期

李国強

釣魚島主権に関する幾つかの問題に対する一分析

『太平洋学報』2013年第7期

徐 斌

福建人の航海経験及び釣魚島の主権帰属を論ずる

『太平洋学報』2013年第7期

王可菊

不法行為は権利を産出しない

『太平洋学報』2013年第7期

徐永智

 地図等の歴史文献から見た日本の釣魚島主権に対する主張の荒唐さ

『国際研究参考』2013年第8期

王軍敏

肝心な日付から見た釣魚島の主権帰属問題に対する国際法的一考察

『太平洋学報』2013年第11期

胡德坤、顔子龍

釣魚島は日本固有の領土なのか?——村田忠禧教授新作『日中領土問題の起源』に対する評論

『現代国際関係』2013年第11期

Hu Dekun & Yan Zilong

 Are the Diaoyu Islands Japan's Inherent Territory? A Comment on The Origins of the Japan-China Territorial Issue by Murata Tadayoshi

『現代国際関係:英文版』2014年第1期

劉庭華

『カイロ宣言』と釣魚島

『日本侵華史研究』2014年第1期

張普定

中日釣魚島主権の争いの条約根拠に対する一分析

『河北法学』2014年第2期

劉江永

 中国は最も早く釣魚島を発見、命名、占有した事実に対する再考

『太平洋学報』2014年第4期

王軍敏

琉球問題の変遷から見た釣魚島の主権帰属

『太平洋学報』2014年第4期

   

新聞記事
作 者 記事名 掲載情報
鐘 厳

釣魚島の主権帰属を論ずる

           『人民日報』 1996年10月18日

国紀平

中国の釣魚島は他人による勝手な「買売」は断じて許さない

           『人民日報』 2012年9月11日

鐘 声

日本の釣魚島に対する「先占」は実は窃取

           『人民日報』 2012年9月11日

鐘 声

係争は皆日本の「窃」島により起きた—— 釣魚島問題の真相を論じる

           『人民日報』 2012年10月16日

鐘 声

ある行為を恍けると呼ぶ 釣魚島問題の 真相を再論する

           『人民日報』 2012年10月17日

鐘 声

第二次世界大戦の歴史をひっくり返すことは許さない-釣魚島問題の真相を三度目に論ずる

           『人民日報』 2012年10月18日

鐘 声

「サンフランシスコ条約」は何故根拠にできる?——釣魚島問題の真相を四度目に論ずる

           『人民日報』 2012年10月19日

鐘 声

日本は信義に背く行為の厳重な結果を担わなければならない——釣魚島問題の真相を五度目に論ずる

           『人民日報』 2012年10月22日

張海鵬、李国強

『馬関条約』と釣魚島問題を論ずる

           『人民日報』 2013年5月8日

李国強、侯 毅

釣魚島及び其の周辺海域は古より中国疆域の一部であることを論ずる

           『人民日報』 2013年5月10日